このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年中途入社

内尾 あすか

Nest南流山保育園
学校を卒業後、公立・私立の認可保育園で勤務。2019年にNest南流山のスタートメンバーとして入社。3歳児4歳児の担任を勤める。
Nest南流山保育園/内尾 あすか

代表の保育にかける熱い想いに胸を打たれて、入社しました。

千葉へ引っ越してきたばかりで土地勘もなかったので、自宅から通いやすいことを条件に探していました。面接で代表の國澤さんとお話させていただきましたが、若い女性でびっくりしました!
私の今まで頑張ってきたことや、保育に対して思ってきたことなどの話をとても親身になって聴いてくれて、肯定的に捉えてもらったことで思わず面接で泣いてしまいました。自分の理想とする保育ができるということや、代表の保育園創りに対する熱い気持ちに胸を打たれ、一緒に働きたい!ここならきっと成長できる!と思って入社を決めました。

Nest南流山はとてものびのびした保育園です。

とてものびのび保育ができる環境で、先生たちも仲が良く和気あいあいとしています。子どもたちにこういうことをしてみたい、と提案すると「いいんじゃない?やってみたらいいよー!」とすぐにアイディアを活かせる環境です。また、先生たちもとにかく面白くて笑顔の素敵な方ばかりです。人間関係の良さにはお互いの理解が不可欠だと思っているので、プライベートな話も含めてみんなとよく話をします。そんな雰囲気の保育園です。
心の余裕が保育にも繋がっていると思います。経験として、イライラして感情をぶつけてしまう保育や、寝ない子に厳しいことを言う保育も見てきました。怒ってまでやる保育って?一生懸命頑張っている気持ちが素晴らしいのに、と思ってきた気持ちがあるので、「のびのびしている」というのは私にとって、とてもありがたい環境です。アットホームな職場で、残業もほとんどありません!あと、給食が美味しい!のもとてもアピールしたいポイントですね!

興味深い研修もあり、自分の成長に繋がっています。

先日、コーチングコミュニケーションの研修を受けました。初めて学ぶことだったのですが、研修を受けている時から「明日から子どもとこう関わろう」「帰ったら旦那とこう言う話そう」と考えるほど、とても身近なコミュニケーションの学びになりました。つい子どもや家族や周りの方にも「先に答えを言ってしまう」ことが多かったなと感じました。保育に関しては子どもに「どうしたかったの?」と問いかけをすることで会話になって、子どもたちの想いを知ることができる、と研修を受けて改めて思いました。お散歩のときにお花をちぎってしまった子がいて、「お花ちぎっちゃダメだよ」というコミュニケーションではなくて、「どうしたかったの?」とお話ししたら、「ママにあげたかったの…」とその子の気持ちを知ることができました。一人一人の気持ちに寄り添う保育をしていきたいと考えているので、研修の学びは自分の成長に繋がっていると実感しています。

新園開園の準備は大変でしたが、はじまるんだ!とワクワクしました。

Nest南流山のオープニングメンバーとして入社しましたが、開園前は書類の準備などがとても大変でした。しかし、いよいよ始まるんだ!ととてもワクワクしていました。また、様々な園で経験を積まれた先生方と一緒だったので、知らないことや、こういう時にはこうすればよかったんだ、などと気づかせてもらうことも多く、とても勉強になりました。
また本部と保育園の距離感が近く、思ったことなども伝える機会もあり、保育園をよりよくしようと思える環境です。

「成長したい」と思っている気持ちがある方には、キッズホーム欒はとても良い環境だと思います!

子どもに対する関わり方をもっと良くしたい、人としてもっと成長したいという気持ちがある方は、キッズホーム欒はとても良い環境だと思います。上でも話しましたが、つい私は次の行動を言ってしまいがちなのですが、導く・促すというのをとても意識するようになりました。「お洋服汚れてるからお着替えしようか」ではなくて「汚れてるね、どうする?」と言葉かけをすると自分で着替えにいく子どもたちの姿が見られます。
また保育全般に関しては、色々なことを園長に相談してアドバイスをもらったり、他の先生の保育を真似してみたりしています。
お互いに良い刺激を受けながら、成長しあえる環境がキッズホーム欒にはあると思っています。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

保育士に関連する求人票を見る