このエントリーをはてなブックマークに追加

制度・環境・文化

Culture
制度・環境・文化
【質の向上】園づくりにおいて私たちが大切にしていること

【質の向上】園づくりにおいて私たちが大切にしていること

保育の質の向上にむけて、職員研修、研修機会の提供を大切にしています。

具体的に、安全管理に関する定期的な社内監査の実施、
発達段階に合わせた活動実践の研修、
組織作りを意識したコミュニケーションの研修、
社会性を意識したマナー研修などを実施しています。

研修で良いことを聞いたけれど、現場で活かせない、、、理想と違う、、、では意味がありません。なので、キッズホーム欒の研修は園の全員で受けることを基本としています。
全員が同じ研修を受けることにより、その後の振り返りが園でできたり、同じ気持ちを共有できたり、他職員のことを深く知ることにも繋がっています。

また、園長や主任、リーダーなどのポジション別の研修、今後園長になりたい人(興味がある人)の研修など、その時に必要な学びを得られるよう、研修を設計しています。
とにかく社員一人ひとりが、とっても自慢の保育園です。

とにかく社員一人ひとりが、とっても自慢の保育園です。

保育を通じて子どもたちと接するのであれば、自分自身が人として成長し続けるという責任があると考えています。
その上でキッズホーム欒では「自律」を大切にしています。
自律を促すというのは、子どもだけの話では決してなくて、職員も同じです。
まずは自律を理解することから始めます。

この業界は、人間関係に悩む方が圧倒的に多いことを知っています。

子ども同士で問題が起きた時、保育者であるあなたはどんな風に促しますか?
きっと「どうしてこうなったのか」「その時どんな気持ちだったのか」を聴いたり、当人同士に、「きちんとお話ししてみたら?」「しまったと思っているなら謝っておいで」と声をかけるのではないでしょうか。

これらは、大人同士でも同じです。
逆に言えば、子どもと大人を区別しているのはおかしいと思っています。

大人同士は、問題が起こっても直接話し合えない、素直に謝れない、当たり前と思って感謝できない、などは言い訳でしかないと思っています。

子ども達に「自律」を促す保育者こそが、一番「自律」していないといけません。
キッズホーム欒の職員はみんな、それらの理解にとても努力していて、
素直に努力できる先生達が、とにかく自慢の保育園です。
しっかり働いてしっかり休む!毎日の休憩や振休、有休などもしっかり取っています。

しっかり働いてしっかり休む!毎日の休憩や振休、有休などもしっかり取っています。

保育現場で働いたことのある方は、この環境は驚かれるかもしれません。
キッズホーム欒では有休消化率はおおよそ80%ほどです。
決して勘違いして欲しくないのは、そんな環境を「会社」が用意しているわけではなく、現場の職員みんなの努力の元、「しっかり働いてしっかり休む」職場を創っています。
「保育園」という場所柄もあり、一人ひとりの努力なくしてはそういった環境は難しいでしょう。

・離職率が低いため、人が充足しています。また人員配置も多めに設定しています。
 ∟長く働きたい組織創りに対して、全員が努力しています。

・施設長やリーダーなどから、率先してお休みを取得しています。
 ∟そのための段取りや仕事の優先順位づけなどを努力しています。

・研修などの振替休日は、必ず先に設定し、取り損ねがないようにしています。
 ∟これは結構、本部から「先に設定してくださいね!」と強く言われます。笑

採用情報

Jobs