このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年中途入社

川上 晴奈

Nest川崎大師保育園/副主任
短大を卒業後、幼稚園に就職。18年間幼稚園教諭として勤務。2020年4月~Nest川崎大師保育園の立ち上げメンバーとしてキッズホーム欒に入社。現在副主任として勤務。
Nest川崎大師保育園/副主任/川上 晴奈
面接で代表の國澤さんとお話しして、ここで働きたいと入社を即決しました。

面接で代表の國澤さんとお話しして、ここで働きたいと入社を即決しました。

「良い園で働きたい」「子どもにとって素敵な園で働きたい」という気持ちが強く、面接のときに代表の國澤さんから「圧倒的に良い園を作りたい」という真っすぐな気持ちを聴いて、改めて原点に戻れた気がしました。國澤さんは表裏がない人だと感じました。自分たちの保育園の魅力を自信を持って伝えてくれて、また職員の方々の自慢をたくさんしてくれたんです。言葉に嘘がないと私は感じて、本当に心から職員や子どものことを想っている、ここなら希望が叶うのではないかと入社を決めました。
キッズホーム欒は、決められたカリキュラムをやるのではなく、子どもたちに合わせて保育を工夫していけるというのも、幼稚園教諭から転職した自分にはとても魅力的でした。
また、自分の「スキルアップしたい」という気持ちを応援してくれる会社だと感じたのも、入社を決めた大きな理由です。
自分を成長させたい!やってみたい!チャレンジしたい!が実現できる場所です。

自分を成長させたい!やってみたい!チャレンジしたい!が実現できる場所です。

先日、園で「自分の思っていることを言わないことは、相手に対する思いやりではない」という話の共有があり、ハッとさせられました。今まで幼稚園教諭をしてきて、強い園の方針のもとでやってきていたので、思ったことがあっても遠慮して言わなかったりするのが習慣化されていたと思います。言わないことのほうが思いやりがないのか!と、日々の中で自分の課題が見つけられ、すごく成長できる環境だと感じています。
またスキルアップのために、色々な研修が受けられるのもとても魅力です。「研修」というとなんだか堅苦しいイメージがあって、開園前の集合研修もそんな気持ちで参加したのですが、結果ものすごく楽しかったです!人として一番大事なことを考えることができて、保育者と限らずどこの会社にいっても大切なこと、人として成長できる気づきを得ました。
向上心を大切にしてくれる会社です!副主任としてスキルアップしていきたいと思っています。

向上心を大切にしてくれる会社です!副主任としてスキルアップしていきたいと思っています。

「役職についてスキルアップしていきたい」と以前から思っていました。ここで新たにチャレンジさせてもらって、本当に感謝しています。Nest川崎大師保育園は開園したばかりの新園です。立ち上げは1から決めていかなければならないので大変なこともありましたが、自分がこうしたい!ということを提案して採用されると、自分も関わっている実感がわきとてもやりがいを感じます。
今までの仕事は、レールが敷かれていてその上を歩いていたんだなと改めて思うことが多いです。今度はそのレールを作っていく立場になり、はじめは意見を言うことに抵抗があって戸惑っていたのですが、固定概念を捨てて柔軟に考えていこうと努力しています。
清水園長は、みんなの意見を受け入れてくれて本当に否定しない方です!保護者や子どもたちに対しても同じです。みんなの保育観や色んな意見を聴いてくれて、〇×ではなくて「そういう意図があったのね!じゃあそれでやってみよう!」とまず職員の気持ちに寄り添って主体性を大切に育んでくれているので、とても働きやすいです。私もその想いで『園長と先生たちのパイプ役』として、自分の課題と向き合いつつ頑張っています!
幼稚園教諭から保育園への転職。活かせることも、勉強しなければならないことも楽しんでやっています!

幼稚園教諭から保育園への転職。活かせることも、勉強しなければならないことも楽しんでやっています!

18年間幼稚園教諭として働いてくる中で、子どもにとっていいことって何だろう…とずっと自問自答していました。製作はきっちりやる、髪の毛は黒、間違ったらやり直し、運動会は列を乱してはいけない…など、なぜダメなんだろう?という思いが積み重なっていました。もちろんそれをやり抜くことで得られる力も大切だと思いますが、もっと一人ひとりの子どもがのびのびとできる保育をやってみたいと思い保育園に飛び込みました。
保育園での勤務は初めてなので「大丈夫かな…」と不安もありましたが、とても楽しく仕事ができています!
今までは一人で30名以上の子どもたちを担任していたので、幼児クラスでみんなで絵本を読んだり、お集りをするときなどの声掛けなどは経験が活かせていたり、製作物なども発達段階にあった物をチョイスすることができています。反対に、SIDSの知識や哺乳瓶などの消毒、嘔吐処理の仕方などは、今まで厚労省の管轄でなかったので勉強しなおしています。
幼稚園教諭の時は“靴を履いて…ズボンをはいて…“と年少さんの3歳の子を手伝っていたのですが、保育園にきて本当にびっくり!2歳の子がしっかりと自分でできていて、なんなら小さいお友達のお手伝いをしています!!改めて子どもの可能性を見つけて、見守る環境次第で子どもは成長していくということ、今までの自分の固定概念を壊さなければ!と毎日ワクワクした気持ちです。
勤務時間の違いやシフトで勤務することなどに身体がついていけるかな…と正直心配に思っていましたが、やってみると今まで当たり前だった持ち帰りの仕事や残業がなく休憩もきっちりとれるし、早く出勤したら早く帰れるのでメリハリがついて、むしろ家の仕事がはかどっています。笑
感謝の言葉が飛び交う思いやりのある会社です。保育という仕事に自信を持って、楽しみましょう!

感謝の言葉が飛び交う思いやりのある会社です。保育という仕事に自信を持って、楽しみましょう!

ルールや担当ではないけれどやったほうがいいかな?と思って行ったことも「いつもありがとう」「本当に感謝してるよ」と上司が見ていてくれて声をかけてくれます。素直にとても嬉しくて、ここで働くようになって自己肯定感があがりました。
保育者という仕事は結果が見えにくい仕事です。自分の今努力していることが、将来子どもたちに本当に良いことなのか?迷うことばかりだからこそ、職員同士で切磋琢磨しながら、楽しみながら成長していきたいと思っています。
そういえば最近、新人のときに3年間関わって卒園した子から、今年「保育士になった」と連絡が来たんです!その子は、当時必死に、お母さんとたくさん話し合いながら連携して関わってきた子だったので、一生懸命やってきたことがその子にとっての正解だったのではないかと、少し結果が見えた気がしました。
キッズホーム欒は、自分自身の課題とも丁寧に向き合わせてくれてとても成長できる環境です。
みんなで一緒に子どもたちのために努力して、楽しく働いていきましょう!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

保育士に関連する求人票を見る