このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年中途入社

千葉 小苗

まかな保育園/副主任
学校を卒業後、児童館・学童クラブ・認可保育園・乳児院などを経験後、2018年にキッズホーム欒へ入社。まかな保育園の立ち上げメンバーとして勤務し、現在副主任を務めている。
まかな保育園/副主任/千葉 小苗

アットホームな保育園だと感じ、まかな保育園で働くことを決めました。

012歳の子どもたちの成長を見守りたいという気持ちで、小規模保育所に絞って転職活動をしていました。キッズホーム欒は、保育目標が派手でなく、アットホームで自分に合っていると感じ、ここで働くことを決めました。
実際に働いていて、心の底から「働きやすい環境」だと思っています。本部の方たちが、現場の状況を把握してくださったり、本部と現場が同じ方向を向いて働けていると感じています。頭ごなしにただ決まったことを伝えられるということが1つもありません。物事の経緯や理由もきちんと説明してくれ、現場を想像した上で意見を伝え合えたりしています。
まかな保育園は、保護者に対しても「保育内容などの華やかさ」でアピールするのではなく、日々の積み上げで信頼関係を築いていると感じています。保護者に寄り添い、丁寧に関わり、子どもの成長を一緒に喜ぶことのできる、そんな愛情に溢れた暖かい保育園です。

「働きやすい環境」の理由のひとつに「人間関係の良さ」があります。

まかな保育園は、とても人間関係がスムーズで穏やかです。みんなが同じ方向を向いていて、問題が出て来た時は「きちんと発見する」「言うべきことは伝える」「きちんと話し合って解決する」ということができる環境をみんなで作れています。誰か一人が発言力を持っているということがなく、例えば園長が言ったからこうしなきゃ…など、顔色を伺わなければならない人が一切いません。失敗を押しつけ合ったり、怒られるのが嫌で問題を見過ごしたり、そういったことがないのは職員全員が「子ども第一優先の保育」を意識として持っている保育園だからとも言えます。

子どもたちに「ちょっと待ってて」と言わないでいられる環境に感謝しています。

まかな保育園は人の配置に余裕があるので、ストレスがありません。子どもたちに「ちょっと待っててね」と言わないでいられます。泣いているのに声をかけられないなど、子どもたちのためにと想う気持ちに、ギャップが起こるということがなく働けています。
保護者の方から、お家で私のことを話題にして話をしてくれていると聞いたときや、「先生に見てもらって安心します」「先生のこと親子共々大好きです」と言ってくださるときなど、とてもやりがいや喜びを感じます。

子どもや保護者にもっと寄り添えるような保育者になるため、日々学び続けています。

新卒で働いていたとき、保護者と信頼関係を築くのが難しいと思っていた時期がありました。ある保護者から「先生は子育てしたことないでしょ?」と言われたことがあります。その時は色々なことを思いましたが、早く経験を積みたい、早く歳をとりたいと思っていました。その後乳児院の仕事を経験して、養護と保育の両面で昼夜問わず子どもたちと接することを経験し、お母さんのリアルな子育ての大変さを学ぶことができました。
いまは、保護者のみなさんから子育てに関することを相談されたり、特に第一子のお母さんたちに、当たり前だと思っていることでもちょっとしたコツをお伝えできたり、保育者としてより、子どもにも保護者にも寄り添えるように成長していると思っています。
過信にならないように常に学び続けて、自信に繋げていきたいです。

子ども第一優先の保育をしたい!その想いを実現できる場所です。

上にも書きましたが、キッズホーム欒は子ども第一優先の保育を、職員全員が意識として持っている保育園だと思います!人間関係も良好で、公私にメリハリを持ちながら仕事ができます。実際に働いてみないと不安なことが多いとは思いますが、本当に穏やかな職員の中、保護者の方々も園に対してとても好意的で、みんなで子どもたちに愛情を注いでいける環境です。
気になる方は、ぜひまかな保育園に見学にいらしてください!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

保育士に関連する求人票を見る